同じFX業者のMT4を複数起動する為のインストール方法

同じFX業者のMT4を複数起動する方法

複数のEAを動かす時や、リアル口座とデモ口座で同じFX業者のMT4を複数起動させたい場合がありますよね。

今回は同じFX業者のMT4を複数起動するためのインストール方法をまとめてみました。

私は海外FX業者のXMのMT4を利用しているのですが、VPS上で複数起動していますのでそのやり方になります。

 

スポンサーリンク

同じFX業者のMT4を複数インストールする手順

同一のブローカーのMT4を複数インストールする場合にはインストーラーの設定を変えてインストールする場所を変更する必要があります。

またインストールフォルダを変えて複数インストールをしてもデスクトップのMT4のショートカットアイコンが常に上書きされてしまい一つになってしまいますのでその対応が必要になります。

最初のMT4をインストールしたらデスクトップのショートカットの名前を変更する

例えばXMのMT4をインストールすると以下のようなショートカットアイコンがデスクトップに作られます。

このままXMのMT4の2個目をインストールしても同じ名前のショートカットが作られてしまいますので、まず名前を変更しておきます。

XM MT4のデスクトップショートカット

ショートカットの名前の変更は、アイコンを右クリックすれば「名前の変更」が出ますので、名前を初期の名前とは別の名前に変更しておきます。

XM MT4デスクトップショートカットの名前の変更

名前の変更は、わかりやすいように何でもいいのですが、1個目のMT4として「XM MT4(1)」としました。

XM MT4のデスクトップショートアイコンの名前の変更

次に2個めのMT4をインストールします。

MT4のインストーラーからインストールする場所を設定

2個目のインストールをする場合、MT4のインストーラーをクリックすると、以下のようなMT4のセットアップ画面になります。これを「次へ」でそのままいってしまうと、デフォルトのフォルダ、”C:\Program Files (x86)\XMTrading MT4\terminal.exe” と同じ場所にインストールされてしまいますので、インストールのフォルダを変更する必要があります。

「はい、上記の全てのライセンス条項に同意します」にチェックを入れると、「設定」の項目が選択できるようになりますので、選択します。

MT4複数インストール場所の設定

MT4のインストールするフォルダを選択する事ができますので、C:\Program Files (x86)\より以下のフォルダ名を変更すれば別の場所にインストールが可能になります。

「XM MT4(2)」など、わかりやすいようにフォルダを設定します。参照で選択しなくても、ここで直接入力すれば新しいフォルダが作られてそこにインストールされます。

また、プログラムグループも、「XM MT4(2)」などと変えておきます。最後に、「オープンMQL5.community ウェブサイト」のチェックを外しておきます。チェックを外す事で、ブラウザが立ち上がりMQL5のサイトに飛ばされなくなります。(※別にチェックしておいてもサイトにアクセスされるだけなので特に問題ありません)

XM MT4のインストールフォルダ変更

 

インストールが完了すると、またデスクトップにMT4のショートカットアイコンができていますので、この名前をわかりやすいよう、「XM MT4(2)」などと変更します。

なお、ショートカットアイコンを右クリックして、プロパティを見ると、ショートカットのリンク先が確認することができます。念のため、ちゃんと別の場所にインストールして、リンクされているか確認しておくと良いです。

MT4ショートカットのリンク先

MT4を同時起動するには

このようにやっていけば、同じFX業者のMT4を3個、4個と複数インストールし、同時に起動することが出来るようになります。

MT4を複数同時に起動するには、それぞれのMT4のショートカットから起動するだけです。

同時起動すると、Windowsの下のタスクバーの所に、それぞれプログラムアイコンが並ぶようになります。

MT4の同時起動

 

まとめ

同じFX業者のMT4を複数起動するためのインストール方法をまとめてみました。

  • インストールするフォルダの変更
  • ショートカットの名前の変更

が必要になります。

今回はXMのMT4を例題としてあげましたが、自動売買のEA運用の為、私もこのやり方でVPS上にXMのMT4を複数同時に起動しています。