MT4で日本時間を表示する方法とおすすめインジケーター

MT4を使い始めて、実際に色々とチャートを見ていると、ちょっと困るな…と思うのが、「日本時間で表示してくれない…」って事じゃないでしょうか。

MT4って、接続先サーバの時間を表示するので、海外のサーバーの時間になってしまいます。MT4のオプション・設定部分では変更できなくて、インジケーターを使う必要があるわけです。

今回は、MT4で日本時間を表示する事ができるインジケーターの使い方をまとめてみました。

スポンサーリンク

MT4で日本時間を表示してくれるインジケーター JPN_Time_Sub.mq4

MT4で日本時間を表示させるためのインジケーターとして調べると、「JPN_Time_Sub.mq4」というのがあるのですが、これの改良版として、「とあるMetaTraderの備忘秘録」さんが配布されている、「JPN_Time_SubZero.mq4」というのがあります。

[aside type=”normal”] 「とあるMetaTraderの備忘秘録」さんのサイトは、便利なインジケーターを配布されていたり、Metatraderの事について調べているとよく検索ヒットするお役立ちMT情報サイトです。[/aside]

JPN_Time_SubZero.mq4のダウンロード

JPN_Time_SubZero.mq4をダウンロード

以下のような画面が開きますので、下の方にある「ダウンロード」をクリックするとダウンロードが開始されます。

 

JPN_Time_SubZero.mq4をMT4に設定する方法

MT4にダウンロードしてきたインジケーターを追加するには、使用しているMT4を起動したら、「ファイル」から「データフォルダを開く」でフォルダを開きます。

MT4にインジケーターを追加する

MQL4フォルダを開きます。

「Indicators」フォルダがありますのでそこも開きます。

MT4 indicatorsフォルダ

ダウンロードしてきたJPN_Time_SubZero.mq4インジケーターファイルを、ドラッグ&ドロップでMT4の「Indicators」フォルダの中に追加します。

なお、コピー&ペーストでもいいです。

インジケーターを追加する

 

インジケーターを追加したら、一回MT4を閉じて(終了させ)、またMT4を再起動します。

チャートにインジケーターを追加する

日本時間を表示させたいチャートにJPN_Time_SubZeroのインジケーターを追加する方法は、2通りあります。

挿入→インディケータ→カスタム→JPN_Time_SubZeroを選択するか、

 

ナビゲーターのサブ画面から、インディケータの中の、JPN_Time_SubZeroを選択して、チャート画面にドラッグ&ドロップでインジケーターを表示させることができます。

 

日本時間の表示設定についてはパラメーターの値を「true」「false」で変えられます。

時間だけ表示させたい場合には、「HOUR」の値を「true」にしてほかは「false」にします。

この日本時間表示は、実際のトレードの時よりも、検証する時に便利かな~と思います。実際トレードするときは時計見ればいいだけなので^^;

以上、MT4で日本時間を表示できるインジケーター、JPN_Time_SubZeroの使い方をまとめてみました。